愉しい水彩画
  水彩画:110点 (最新の描画日順)
アクセスカウンター
  
=2017年の水彩画=(16点)   =2018年の水彩画(33点)=    =2019年の水彩画(16点)   =2020年の水彩画(82点)=  

最近、水彩画を始めました。中学時代以来で拙い絵ですが、愉しいので時間を忘れて描いています。こんな風に公開することで徐々に上達できればと思っています。
このページでは最新の水彩画を載せていますが、以前のものは上記リンクページにあります。

(縦型と横型が合うように一部順序を変えています。)

画256は聖徳太子が創建した滋賀県東近江市の百済寺を描きました。ここは鈴鹿山系の中腹にあり、湖東三山のひとつです。

 画256(21/12): 紅葉の名刹である百済寺  画255(21/11): 酸ヶ湯温泉・地獄沼の紅葉

 画254(21/11): 耶馬渓の渓谷園の紅葉  画253(21/11): 金峰山から晩秋の大日小屋に戻り

 画252(21/11): 栗駒山の雲行きが怪しくなり  画251(21/11): 深まる秋の八ヶ岳

 画250(21/11): 登山口から眺める秋の由布岳   画249(21/11): 志賀高原の田ノ原湿原の紅葉

 画248(21/10): 戯れる子猫  画247(21/10): 晩秋の天池から冠雪の鳥甲山を望む

 画246(21/10): 霧の埋もれる裏磐梯の寒い朝  画245(21/10): 奥日光から男体山を望む

 画244(21/10): 鏡池から眼前に紅葉の戸隠山が拡がる   画243(21/10): 紅葉の鏡池から戸隠山を望む

 画242(21/10): 威風堂々たる猫(不透明水彩)  画241(21/10): 子猫の願い事は?

 画240(21/10): 爽やかな朝の昭和記念公園にて  画239(21/10): 昭和記念公園の銀杏並木の夕刻時

 画238(21/09): 銀杏の並木道   画237(21/09): 銀杏並木の小径にて(仕上げは不透明)

 画236(21/09): 阿寺渓谷の水面に映る紅葉  画235(21/09): 初秋のオンネトー湖畔から雌阿寒岳と阿寒富士

 画234(21/09): 秋晴れの大雪山系・沼の平より旭岳を望む  画233(21/09): 五色沼からの裏磐梯

 画232(21/09): 福島県猪苗代町の達沢不動滝  画231(21/09): 和歌山県新宮市の桑ノ木の滝

 画230(21/09): 日本三名爆の日光の華厳の滝  画229(21/09): 石川県白山市の姥が滝

 画228(21/08): 北海道渡島半島の賀老の滝  画227(21/08): 層雲峡の銀河の滝

 画226(21/08): 札幌の水量豊かな平和の滝  画225(21/08): 川苔山(かわのりやま)の迫力ある無名滝

  画224(21/08): 苔むした森の中の猿壺(さるぼ)の滝  画223(21/08): 佐賀県の「轟の滝」

 画222(21/08): 徳島県の「轟の滝」  画221(21/08): 中ノ又渓谷の安(やす)の滝

 画220(21/08): 阿修羅像上部正面   画219(21/08): 興福寺の阿修羅像上部

 
 画218(21/07): 貴婦人のような猫  画217(21/07): ガラスの鉢に埋もれて

 画216(21/07): 淋し気な子猫  画215(21/07): 腕白そうな子猫

 画214(21/07): 玄関先で上品にお座りする子猫  画213(21/07): ベッドの毛布にうずくまる子猫

 画212(21/07): 植木鉢に埋もれた仲良し子猫  画211(21/07): うちら陽気なかしまし娘

 画210(21/07): 僕の家族(左から父、母、妹、僕)   画209(21/07): 興味津々と見つめる子猫

 画208(21/07): 新緑煌めく奥入瀬渓流(不透明)  画207(21/06): 朝霧残る奥入瀬渓流(不透明)

 画206(21/06): 初秋の奥入瀬渓流(仕上げ不透明)  画205(21/06): 夏の涸沢カール

 画204(21/06): 大正池の畔にて  画203(21/06): 上高地にて

 画202(21/06): 船上から利尻島に別れを告げて   画201(21/06): 礼文島の澄海岬にて

 画200(21/06): 御嶽山剣ヶ峰山頂より二ノ池方面を望む   画199(21/06): 雄大な阿蘇山の噴火口を覗きて

 画198(21/05): 晴れた日の蔵王山のお釜覗き  画196(21/05): 山頂が険しい岩場の早池峰山

 
 画197(21/05): 大鳥大社の日本武尊像  画192(21/05): 大仙公園の平和の塔  画191(21/05): 平和の塔の池の畔の裸婦像

 画195(21/05): 浜寺公園バラ園の睡蓮の咲く池の畔にて  画194(21/05): カタクリの花

 画193(21/05): 大仙公園の木陰からの新緑風景  画190(21/05): 大仙公園の大樹の下で

 画189(21/05): 新緑が眩しい大仙公園にて  画188(21/05): 菊池渓谷は鬱蒼として

 画187(21/05): 菊池渓谷はうららかな陽を浴びて  画186(21/05): ぼんやりと菊池渓谷にて

 画185(21/05): 金剛峯寺・不動坂口女人堂にて  画184(21/05): 森に陽光射して

 画183(21/04): 陽光煌めく白糸の滝  画182(21/04): 大潟溜池から残雪の鳥海山を望む

 画181(21/04) : 大社前にて見上げる那智の滝  画180(21/04): オオヤマレンゲ

 画179(21/04): 仏隆寺の千年桜  画178(21/04): 吉野千本桜から眺める春うらら

 画177(21/04): 藤原宮跡は春爛漫  画176(21/04): 藤原宮跡の菜の花畑と桜並木

 画175(21/04): 新緑煌めく大峯奥駈道  画174(21/04): 熊野古道・大門坂の石畳

 画173(21/03): 薄暗き大雲取越(熊野古道)に陽光射して  画172(21/03): 朝霧に覆われた青岸渡寺と那智の滝

 画171(21/03): 仲良し子犬たちの三様風景  画170(21/03): お茶目な子猫たち

 画169(21/03): 石のベンチでお座りするシャムの子猫  画168(21/03): ベッドの上から見つめる猫

 画167(21/03): 淋し気な猫  画166(21/03): 光り輝く朝の海

 画165(21/03): 流線模様のような越生梅林  画164(21/03): 水洗い後に描き直した白梅

 画163(21/03): いなべ市梅林公園から雪化粧の鈴鹿の山を望む  画162(21/03): いなべ市梅林公園

 画161(21/02): 雪山から眺める雪景色  画160(21/02): 淋しい田園の積雪の夜明け

 画159(21/02): 田舎道の雪景色  画158(21/02): 冬の浜辺にて

 画157(21/02): 雪雲に覆われた雪山にて  画156(21/02): 寒気昇る雪山にて

 画155(21/02): 冬の湘南海岸の夕暮れ時  画154(21/02): 陽光煌めく雪山にて

 画153(21/02): 早朝の竹田城跡にて  画152(21/02): 札幌雪祭り(2009)にTDLの夢

 画151(21/01): 金閣寺の雪景色  画150(21/01): 清水寺の雪景色

 画149(21/01): 忍野八海の雪景色  画148(21/01): 六観音御池から韓国岳の雪景色

これより下は2020年に描いたお気に入り水彩画10点です。
 画140(20/10): 紅葉の刈込池から三ノ峰を望む  画138(20/10): 紅葉の瓢箪池から那須(茶臼)岳を望む

 画137(20/10): 緑に覆われた阿蘇の米塚山とカルデラ盆地  画130(20/09): 裏見の滝として有名な鍋ケ滝

 画123(20/08): 大島・カレイ山展望公園からしまなみ海道を望む  画106(20/05): 雨上がりの菊池渓谷に陽光降り注ぐ

 画90(20/04): 安曇野の水車小屋のある風景2  画85(20/04): 富山湾から立山連峰を望む

 画83(20/04): 日本三大巨桜の根尾谷の淡墨桜  画71(20/03): 雪降る朝の白川郷(透明水彩)